国際ロータリー第2570地区 第1グループ

ご挨拶

2018~2019年度
鶴ヶ島ロータリークラブ会長
山中 基充

会長就任挨拶と本年度活動方針

この度、会員の皆様のご推挙により、2018~2019年度、第38代鶴ヶ島ロータリークラブ会長をお引き受けすることになりました。
 浅学菲才の身ではございますが、尚一層の努力を尽くし、会員の皆様一人一人を大切に、皆様とともにクラブの発展を目指してまいりますので、よろしくお願い致します。

 2018-19年度RI会長 バリー・ラシン氏は、「BE THE INSPIRASYON」「インスピレーションになろう」と国際ロータリーのテーマを掲げています。
 さらに、2010年採択された戦略計画から、本年も各クラブの活動項目として「クラブのサポートと強化」「人道的奉仕の重点化と増加」「公共イメージの認知度の向上」を掲げられています。

 2018-19年度国際ロータリー2570地区ガバナー 茂木正氏は、それを受け
「想いを繋ぎ地域と国の発展に奉仕する」とのガバナースローガンを掲げ、具体的に、各クラブの会員1名の純増、ポリオ撲滅活動への取組、クラブで成功させたプロジェクトの情報をロータリーのHPに投稿するなどを掲げられています。
 また、細井直前ガバナーは、「世の為、人の為、世界中でいい事をしよう」-これがロータリーだとし、ロータリアンが減る事は世界的な損失だと、だから会員増強するのだと語られていました。

 我が鶴ヶ島ロータリークラブは、仲良く、世代を超えた交流と連携がある素晴らしいクラブです。そして、一人一人が「世の為、人の為、いい事をする」というロータリーの原点を見つめ、それぞれの行動を通して刺激し合う、お互いのインスピレーションとなり、さらにクラブを発展させ地域のそして国の発展に寄与してまいりましょう。

■クラブ管理委員会

 例会の充実、特に卓話に力をいれて、内外の講師の充実
親睦(誕生祝、ゴルフコンペ、親睦旅行、クリスマス、新年会など)の充実
他クラブとの交流、特に坂戸、坂戸さつきクラブとの合同ガバナー訪問例会の成功
 台湾姉妹クラブの受け入れとさらに交流が深まるような取組

■会員増強委員会

 新入会委員の勧誘 目標3名、純増1
 新人会員の研修の充実
 職業分類
 オリエンテーションと教育(他クラブの例会などの交流)

■奉仕プロジェクト委員会

 少年サッカー大会の開催。プログラムやポスターのあり方など大会の継続、発展の為の運営について関係者との協議の充実
 企業訪問の実施
 鶴ヶ島市交通安全連絡協議会への出席、交通安全啓蒙(社会奉仕)
 障がい者支援事業への会員参加の促進

以上掲げさせていただきましたが、それぞれの部門委員会が創意工夫をお願いします。
大きな飛躍をなし得た昨年度につづき、本年度は、しっかりと足場を固めつつ進みたいと思います。
 若輩の会長ではございますが、精一杯精進致しますので、会員の皆様の温かいご協力、ご支援をよろしくお願い致します。

事務局連絡先 TEL 049-271-6600 〒350-2204 埼玉県鶴ヶ島市大字鶴ケ丘855

PAGETOP
Copyright © 鶴ヶ島ロータリークラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.